PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2回目の命日

8月3日。


2年前、この日は忘れられない日になりました。


フランの命日。


7年2ヶ月の短い生涯を閉じて、虹の橋へ旅立った日。


初めて、声が枯れるまで泣いた日。


フランの命の灯が消える瞬間を、今でも鮮明に憶えています。


「何もしてあげられなかった。」


少しでも生きていて欲しいと願うばかりに、フランを苦しめてしまった。


後悔とやりきれない気持ちでいっぱいだった。

20110804.jpg



2年が経ち、振り返ると、後悔以上に、フランが教えてくれた多くの大切なこと。
楽しい思い出、その全てが、今でもキラキラと輝いて、何一つ色あせず、
私の中で息づいています。


フランは永遠に私の希望の光。


フラン。虹の橋に迎えに行くまで、みんなと楽しく遊んでいてね。
大好きなクリームパンを持っていくよ。


そして、虹の橋の向こうでまた一緒に暮らそう。


158.jpg


フランの笑顔のような、明るく、優しい陽だまりの中、ずっと幸せに暮らそう。
約束するよ。

だから、もう少しだけ、待っていてね。

| 別れ | 07:32 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

フランちゃん、2回目の命日ですね・・・。
今でも、フランちゃんの頑張りや笑顔、ママさんの頑張りが思い出されます。
7年と2ヶ月、ママさんにいっぱいの愛情を注がれたフランちゃん、きっと幸せな犬生だったのだと思います。
7年2ヶ月、短い犬生だったのかもしれません。。。でも、私は思うんです。
長く生きてほしいのは、みんなの願いだけれど・・・
どれだけ長生きしたかではなく、どれだけ幸せな犬生を送ることができたか・・・では、ないでしょうか。
フランちゃん、きっと虹の橋で待っていてくれてますよ。
だから、焦らずのんびり
再会できるまでの時間、FRANCさん笑って!
どうか、どうか、FRANCさんが幸せでありますように。。。

| シェリルまま | 2011/08/04 13:05 | URL |

お久しぶりです

偶然にも?仕事中なのですが、ぴぃちの最後の別れを思い出していました。よく頑張ったよなぁ~って…来月は命日、2年たつんだ~っと…
ぴぃちが、フランちゃんの命日だよ~ってお知らせにきたのかしら…
虹の橋できっと、お友達になれたんですね。
お友達たくさんで、楽しい所なのでしょうね!
犬生の長さより、たくさんの愛情がなによりも幸せを感じたことでしょう。フランちゃんは、幸せでしたよ。フランちゃんに会うまでに、FRANCさんもたくさん楽しんで!!幸せがたくさんFRANC家に舞い込みますよ~に。

| ちゃこ | 2011/08/04 14:45 | URL |

シェリルままさんへ

コメントありがとうございます。

7年2ヶ月はあっという間で、ほんとに短い時間でした。
生きていれば今年で9歳。まだ10歳にもなっていないんだなぁと
考えてしまいます。・・・考えても仕方の無いことだとわかって
はいるのだけれど・・・。

時々、フランに無性に会いたくなります。

そうですね。フランは長くは生きられなかったけど、
精一杯、生き抜いてくれたと思います。

フランとの想い出を胸に刻みながら、再会するその日まで、精一杯
悔いの無いように、日々を過ごしていきたいと思います。

| FRANC | 2011/08/05 00:56 | URL |

ちゃこさんへ

お久しぶりです。コメントありがとうございます。

ぴぃちちゃんは、来月2回目の命日でしたね。
闘病していた時期が同じころでしたものね。

命日は、本当に暑い日で、青く高い空と蝉しぐれを聞くと
あの日を思い出します。

ぴぃちちゃんとフランが引き合わせてくれたんですよね。
今、きっと虹の橋で仲良くしてますよ!

フランの短い犬生に、どれだけ自分がしてあげられたのかなと
後悔にも似た気持ちになることがあるけど・・・。
でも、フランに教えてもらった事が、今の自分を支えてくれて
いて、感謝の気持ちの方が大きくなりました。

フランと再会するその日まで、精一杯生きようと思います。

| FRANC | 2011/08/05 01:08 | URL |

FRANCさん
フランちゃんの命日だったのですね。
涙が出ます。
フランちゃん、やさしいお顔ですね。
私も虹の橋でたぶん待っててくれる(はず)な猫たちがいます。おばけでもいいから会いたい。
私も、虹の橋で会うことを絶対信じて生きています。

サフス君の紹介、ありがとうございました。
感謝感謝です。

| MIHARU | 2011/08/12 11:30 | URL | ≫ EDIT

MIHARUさんへ

小さなことしかできなくて申し訳ないです。

少しでも多くの人の目に触れることがサフス君の
幸せへの近道になるのなら・・・。

声をあげることは大切だと思います。
声をあげることで、中には悪意のある意見もあると思いますが、
誹謗中傷は今で言う「セミが鳴いている」のだと思えば、
それほど苦痛ではないです。(セミに失礼ですが)

自然の流れでセミが鳴いているのだと思えば、鳴き声に
悪意を感じなくなれば、MIHARUさんの気持ちに波風をた
たせることはない。

私はMIHARUさんの気持ち、わかりますよ。

私も過去に保護して譲渡した経験があります。
一度に3匹子猫を拾った時はとても不安でしたが、運よく、
みな、知り合いや親戚が受け入れてくれました。

後先考えてたら保護はできません。目の前の子が生きるか
死ぬかなのですから。
保護するときは「生きて」と考える。
保護したあとは「幸せにする」と考える。それだけです。

今家にいるワンコは溝に落ちているのを保護しました。
その時、後先考えてたら、今はないと思います。

保護は、目標に向かって手段を考え、行動し、達成する。
そして支えてくれた人たちに感謝する。

MIHARUさんは、それらのことをしっかり理解して、
行動されていると思いますよ。

MIHARUさんはご自身で文才が・・・と書いていらっしゃいますが、
そんなことないと思いますよ。私は文章から、真摯な姿勢が
しっかりと読み取れるし、考えも理解できます。
あと、ブログの目的は「サフス君の幸せ」であるのですから、
プライバシーの開示は必要ないと思います。義務もない
ですし。それを開示することで、里親さんが見つかることもない
と思います。興味本位の人がそのように言うのでしょう。

サフス君の幸せのため、みんなで頑張りましょう。

幸せは誰かから与えられるものではなく、自分が作り上げ
ていくものだから。

| FRANC | 2011/08/12 12:58 | URL |

FRANCさん

なんか、、元気でました!!!
犬のためと、覚悟して始めたことですが、自分の弱さに自己嫌悪に陥っていました。
お礼のキモチがうまく表現できないけどほんとにほんとにありがとうございます。
支えてくれている人に感謝してこれからもがんばります。
FRANCさん~~~ ありがとう。

| MIHARU | 2011/08/13 05:12 | URL | ≫ EDIT

MIHARUさんへ

元気が出て良かった。

自己嫌悪に陥ることなんてないですよ。
不安からくるものかもしれないけれど、現実はタロー君の
命が助かって、お散歩ができるようになったのだから。

お礼してもらうような、大したことをして
あげられなくて、申し訳ないです。

里親探しに時間がかけられるのなら、良いのだけれど、
時間がかかれば、それはそれで難航する場合もあるし、
こればかりはわからないですね。

やはり、常に声を上げて、多くの目に触れてもらうことが
キーポイントかもしれませんね。

サラダバー?を楽しむタロー君、とてもかわいらしいですね。

これからも一緒にがんばりましょう!

| FRANC | 2011/08/16 01:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://travelwithdog.blog39.fc2.com/tb.php/90-fc30fe02

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。