FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いっぱいのありがとう

フランが旅立って1週間が経ちましたが、まだ気持ちの整理がつきません。

8月4日に緑に囲まれたお寺から、フランは天国へ旅立ちました。

フランには旅支度をさせました。
愛用のリュックの中には、おやつと、遊ぶためのボール、淋しくないように
私たちの服、棺には喉が渇かないように長年使っていた水筒を持たせました。

そしてフランらしい、黄色とオレンジと白色のお花をいっぱいに敷き詰めました。
花


フランのいない家は、とても淋しく、静まり返っています。
「フランはどこに行っちゃったんだろう?」

フランがいつもいた場所を見ると、そこにはニコニコと笑顔でこちらを見る
フランの姿が浮かんできます。
RIMG0575.jpg

「淋しくない?」「お腹減った?プリン食べる?」「そろそろお散歩行こっか。」
白い入れ物に入ったフランに毎日毎日話しかけます。

フランは私の光でした。
春の陽だまりのように柔らかな光で、私を温かく包み込んでくれました。
思いやりと優しさにあふれた笑顔は、私に生きる力と勇気をくれました。

フラン、母さんは、あなたを迎えたその日から、悔いのないように1日1日
を大切にしようと思っていたよ。
あなたのフワフワの毛並みの手触りや、その大きくて柔らかい体を抱きしめた
時の感触を体に記憶させたくて、いつもギュッと抱きしめて、顔を撫でてたね。

悔いのないようにしてきたつもりなのに、あなたが旅立ってから、後悔ばかり
しています。

大きくてフワフワなあなたをもう一度、抱きしめたい。
顔を撫でながら眠りたい。
1週間前まではそれが現実だった。

フラン、7年間楽しかった?
母さんはすごく楽しかった。一緒にいるのが楽し過ぎて、幸せ過ぎて、
いつか来る別れの時を考えると怖くてしかたなかった。

でもフランは違ったね。未来を恐れてなんかいなかった。
ただ、今、この一瞬を楽しんで、現実を受け止めていたね。
すごいね、フラン。

いつの日か、虹の橋でまた会おうね。

闘病生活の方へ。
あきらめないでください。病気と向き合う、ただそれだけでいい。
がんばらない。けど、あきらめない。


今まで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。

くじけそうになったとき、皆さんのコメントや拍手に励まされ、気づかされ、
そして支えられ、フランが旅立つその日まで、幾度となく押し寄せる
苦難を乗り越えることができました。
インターネットという大きな世界の中で、多くの思いやりある、優しい方
たちと巡りあうことができたことは奇跡と呼ぶほかありません。

このブログはここで一旦幕を閉じますが、応援してくださった皆さんのこと
は決して忘れません。そして影ながら応援してくださった方々も、この場で
お礼を申し上げます。

ほんとに、ほんとにありがとうございました。


フラン&FRANC

040814-15清里05

| 別れ | 08:30 | comments:24 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お礼がまだでした…

フラン親子が、パワースポットで吸い込んだ『気』しっかり受け止めました。ありがとうがんばらないけど、あきらめない…あきらめない限り、可能性は0になりませんからね。ぴぃちがあきらめない限り、勇気付け、少しでも快適に過ごせるよう、サポートしていきます。ネット上でのお付き合いでしたが、知り合えて良かったです。こちらこそ、フランちゃん、FRANCさんに、いーっぱいありがとうです。

| ちゃこ | 2009/08/10 13:20 | URL |

ありがとう

FRANCさん、なかなか悲しみは癒えないと思います。いっぱい思い出がぎっしり詰まっているんだもの。

ブログを通じて、お知り合いになれて私はとても感謝しています。 
メグが自宅介護になってから、フラン君の事を知り、毎日メグと同じように気になって、お写真を見ては、癒されてました。 
メグが亡くなってからも、心の拠り所のようでした。亡くなって悲しく淋しいけど、いつも側にいてくれるんだから…と思えば安心しますよね。 
淋しいけれど、こちらこそありがとうございました。いつまでも忘れません。 
  さようなら

| AKKO | 2009/08/10 14:29 | URL |

まだまだ、気持ちの整理はつかないと思います。
後悔ばかりで泣きたいときも たくさんあると思います。
そんな時は、我慢せず、思いきり泣いてください。
その涙は フランちゃんへの愛からなのだから・・・
フランちゃんも おおめに見てくれますよ。
でも、その後は笑いかけてあげてください。
フランちゃんは FRANCさんの笑顔が大好きだと思うから・・・

フランちゃんと過ごした7年間は私達が想像する以上に素敵なものだったに違いありません。
フランちゃんの笑顔とともに自分らしく、頑張って下さい。

| シェリルまま | 2009/08/10 14:33 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/08/11 01:54 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/08/11 09:16 | |

なんて幸せなFRANCさんとフラン君。
FRANCさんはどうしてそんなに優しくて、愛情がいっぱいで、そして、どこまでも大きくて広いのでしょう。
言葉の隅々にまで、そのすばらしいお人柄を感じます。
きっと元々、FRANCさんがもともと持っていらっしゃるものではあるのでしょうが、それをもう最大限まで引き出したのがフラン君だったんでしょうね。
そしてフラン君。
どうして、そんなに可愛くてギュッギュッと抱きしめたくなるよな瞳をするのでしょう。
いつもいつも、お母さんから愛情が飛び散るギュッギュッをしてもらったんだよね。
だから、いつもいつも嬉しくって楽しくって、幸せいっぱいの瞳になっちゃんだね。

なんて幸せなFRANCさんとフラン君。

フラン君はいつでもどこでも、FRANCさんの中にいる。
このブログのどんな言葉の小さな隅っこにもいます。フラン君は笑っています。

お会いできて嬉しかった。
家のもみじがフラン君とお友達になりたかったのでしょう。
ありがとうね、フラン君。
僕のお母さんに会わせてあげるよ、こっちこっちってフサフサの尻尾を振ってここまで連れてきてくれました。

ありがとうございます、FRACさん。
ありがとうね、フラン君。
おばちゃん、今、ギュッってしてるよ。



| もみもみ | 2009/08/11 12:53 | URL |

ちゃこさんへ

ぴぃちちゃんは、生きることをあきらめない。
あきらめない、ただそれだけで、自ずと道が開けてくると思います。
開けてきた道がどんな形であっても、それが、ちゃこさんとぴぃちちゃんに
とって一番良い形だと思います。

現実と向き合うことで、ぴぃちちゃんとの時間が、より豊かですばらしい
ものになる。

ぴぃちちゃんとちゃこさんが、穏やかで温かい時間が過ごせますよう、
心からお祈りしています。

ありがとうございました。

| FRANC | 2009/08/12 13:18 | URL |

AKKOさんへ

いつも必ずコメントをくれていたAKKOさん。
ほんとに励まされました。

どこを走っていても、フランの想い出がいっぱいです。
「ここのマックで買ってる間、待たせたっけ。」「あそこの芝生が好きだったなぁ。」

フランの使っていたものも、整理することができません。
フランがいた時と同じ、そのままにしておきたい。

メグちゃんとフランがAKKOさんと私を引き合わせてくれました。
今度はメグちゃんとフランが虹の橋で会って、フランが持って行った
ボールで遊んでくれているのかな。

ハリーちゃんの健やかな成長をお祈りしています。

ありがとうございました。



| FRANC | 2009/08/12 13:30 | URL |

シェリルままさんへ

いつも優しいシェリルままさん。

ヤギミルクや介護用品のことなど、いろいろと教えて
くださってありがとうございました。

私の気持ちはフランが生きていた時のままですが、
時間は容赦なく過ぎていきます。

今までと違うのは、フランが傍にいないこと。
それだけです。
ただ、寂しい気持ちと同じくらい、感謝の気持ちもいっぱい
あります。

フランが最期まで笑顔でいてくれたように、私もいつか
笑顔でフランの想い出を語ることができるようになりたい。

いつか、フランがこの世界に生きた証として、木を植えたい。
そう思っています。

本当に、ありがとうございました。

| FRANC | 2009/08/12 14:08 | URL |

バリママさんへ

フランの写真を並べてみると、笑顔に変化があることに気づきました。

若い頃のフランは、いたずらっぽい笑顔でこっちを見ているけれど、
成長し、私の年齢を追い越した位から、見守るような笑顔に変わっ
ていました。
若い頃のやんちゃな顔も好きだけど、晩年の、温かく穏やかな顔は
もっと好きだと思いました。

私の心は、フランと一緒にいた時のままですが、時は無常にも過ぎて
いきます。

このブログは、バリママさんと、私をつないでくれました。
フランがたくさんの人と私をつないでくれたのだと思います。

今まで支えてくださって、本当にありがとうございました。

| FRANC | 2009/08/12 16:39 | URL |

フラン君、さぞかし幸せだった事でしょう。
これほど愛情たっぷりのブログを読ませて頂き、私も本当に幸せでした。
仕事から帰って疲れた晩に、フラン君の優しい瞳を見て、FRANCさんの美しい文章を読むのが楽しみでした。
世の中の、動物を家族と思えない人達にも見てもらいたいものです。
全ての犬達がフラン君のように幸せな犬生を過ごす事が出来ますように。
伝えたい事や分かち合いたい事が沢山ある中でのお別れは辛いですが、今はパパさんと共にゆっくりなさって下さいね。

そうですね!FRANCさんのおっしゃる様に、仕事で得られる物を吸収しようと思います。
そして、このご時世に仕事があるのは有り難いと思って頑張ります。
どうもありがとうございます☆
私の方はつまらないブログですが、いつかまたいらして下さいね。お待ちしております!!

| snowcrystal. | 2009/08/13 00:02 | URL | ≫ EDIT

じ~なさんへ

フランは写真立ての中で、いっぱいの笑顔でいます。
写真を見る度に、今、この世界にいないのか、と実感させられます。

そっか。もうフランはいないんだ。

時間だけは無常にも過ぎていきます。
3日前は、1週間前は、2週間前は・・・。気持ちだけ、置き去りに
してきたような気がします。

ペンダントにフランのツメと私が一番好きだった耳の後ろのクルクルした
毛を一緒に入れて、いつも身につけています。
辛くてどうしようもないとき、ペンダントを握り締めて、「みててね。フラン。
きっと元気になるから。」と心の中でつぶやきます。

私は、フランが小さな頃から、いつかくる別れにどこかビクビクしていて
フランがいなくなったら、絶対に立ち直れなくなると思っていました。

・・・でもフランと過ごした7年間で、他者を愛すること、生きて人生を
楽しむこと、笑顔で乗り越えること、いろんなことを教えてもらい、今、
こうして不安定ではあるけれど、自分の足で立っていることができています。

じ~なさんは、明るく朗らかで、そして、芯の強さのある方だと思います。
生来持っていたものに、ワンちゃんたちが更に磨きをかけてくれているのでしょうね。
そしてバー君の旅立ちを見送り、悲しみを乗り越えたことが、生きる力になる。

動物を慈しみ、大切に育てることは、人を成長させることにつながると思います。

今日はフランが戻ってきてくれているので、虹の橋のお話をいっぱい聞こうと
思います。オヤツをいっぱい用意して待っています。

またブログの方にお邪魔させていただきますね。

ありがとうございました。

| FRANC | 2009/08/13 07:43 | URL |

もみもみさんへ

もみもみさんにも抱きしめてもらい、愛され、フランは幸せ者です。

フランがくれた7年間は、本当に楽しく、充実したものでした。

もっともっと一緒にいたかった。フランといられる時間はあとどれくらい
なんだろう?今、折り返し地点にきたのかな・・・と、何となく感じていた矢先の
がん告知でした。

自分で自分を責めてしまう苦しみに悩んでいたとき、フランは黙って、ただ
笑顔でそばにいてくれていました。自分にとって、支えになり生きる力にな
りました。

これは、人にも言えることなんだと思いました。
悲しみ、苦しんでいる人に、「そばにいるからね」と微笑んで、
寄り添ってあげるだけでいい。

優しさや思いやりは、フランにいっぱい教えてもらいました。
言葉を話さない分、こちらがフランの行動や表情を読み取り、
考えるということが、自分の糧になったと思います。

今、フランは写真立ての中から、いっぱいの笑顔でこちらを見ています。

もみじちゃん、体を大切に、ママと楽しく過ごしてね。
そして精一杯生きてね。

ほんとにありがとうございました。
また、いつかどこかでお会いできることを願っています。

| FRANC | 2009/08/13 08:09 | URL |

snowcrystalさんへ

フランを迎え入れる前の私は、動物が大好き。ただそれだけでした。
一方通行の思いで、動物がどう思うかまで考えていませんでした。
大人でありながら、動物に対する考えは、子どものようなものでした。

けれど、フランと暮らして、動物の気持ちを考え、ペットではなく、
家族として迎えなければならないことを知りました。

フランは、動物に対する考え方を教えてくれるだけでなく、人として
生きることの素晴らしさ、笑顔の大切さも教えてくれました。

動物をアクセサリー感覚で飼う人、ストレスのはけ口にする人、飼育放棄する
人・・・悲しい事件は後を絶ちません。
けれど、そういう人たち以上に、愛情を持って、家族として大切に育て慈しんで
いる人たちがいる。
ワンちゃんの死を悼み、悲しみ、それを乗り越えて、生きる力にできる人たちが
いることも事実です。

今は、他人の痛みがわからない人が多いから、平気でいじめたり、人を傷つけたり
すると言われています。

けれど、このブログに来てくれる方は、みんな人の痛みのわかる、思いやりのある
方たちばかりです。
動物を愛する気持ちは、他者を愛し、慈しみ、思いやる心を育てることができる。
私はそう信じています。

そういう人たちが、未来ある子どもたちに、動物を慈しむ心を伝えていくことで、
悲しい事件を減らす力になる、そう思います。
私は、いつか、何かの形で子どもたちにそのことを伝えていければと思います。

いままで応援してくださってありがとうございます。
これからはブログの方にお邪魔させていただきますね。

ありがとうございました。

| FRANC | 2009/08/13 08:28 | URL |

はじめまして。
昨日このブログを見つけ、最初から読みました。
家のジークは血管肉腫で、12歳半で去年の11月に虹の橋に旅立ちました。
フランちゃん、よくがんばったね。
FRANCさんのいっぱいの愛情を受けたフランちゃん。
とても幸せな一生だったと思います。
フランちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

| mabuzo | 2009/08/15 23:36 | URL |

mabuzoさんへ

コメントありがとうございます。

フランが旅立って2週間が経とうとしています。
不思議なもので、1日ごとに寂しさが増していきます。
時間が流れ、フランが過去になってしまうことに寂しさを感じるのかな。

フランは食いしん坊だったのですが、ガンになってからは、ほとんど
食べることができなかったので、今、たくさんの食べ物をお供えしています。

ジークちゃんにご挨拶をするよう、フランに伝えておきますね。

ありがとうございました。


| FRANC | 2009/08/16 07:33 | URL |

自然に任せて・・・

フランちゃんとのブログ、ありがとうございました・・・

フランちゃんが亡くなって・・・2週間がたちましたね。
まだまだ気持の整理もつかず、日ごとに淋しさ、辛さが増してくるころだと思いますが、自然に任せてフランちゃんをしのんでください。

ポチたまのあの「まさおくん」の飼い主、松本秀樹さんのエッセーの中で、「一生まさおくんのペットロスでいます」という言葉にとても励まされ、私も一生リキのペットロスでもいい・・・と思いました。
そうすると、かえって気持が楽になったものです。

ただ、FRANCさん、健康には充分に気をつけてくださいね・・・
体調を崩したら、フランちゃんが悲しみますから。

| マッチータ | 2009/08/17 23:46 | URL |

マッチータさんへ

コメントありがとうございます。

フランが旅立って2週間経ち、やはり淋しさが積もりますね。
フランがいないという現実を受け入れるには、まだ時間が必要
みたいです。

静まり返った部屋にいると、何となくフランの気配を感じるの
ですが、どこを見てもフランの姿はない。

ずっと傍で微笑んでいて欲しかった・・・と思います。

私のペットロスは、心の花がしおれていくような、そんな感じがします。

フランの存在は私の心に咲く花に、温かな光と潤いを与えてくれ
ていたような気がします。

止まない雨はない。いつか晴れる日が来る。
そう信じて今は一日を過ごしています。

またブログの方にもお邪魔させていただきます。
ありがとうございました。

| FRANC | 2009/08/19 08:46 | URL |

悲しくなるだけだから・・・っと、、読むの少しためらいました。
でも、読んでよかった!
FRANCちゃんとフランちゃんの愛情たっぷりな時間・関係。
とてもうらやましく感じました。

ご自宅へお邪魔したあの日、と~ってもチャーミングでパワフルなフランちゃん。
大きな体で"ウェ~ルカ~~ム"と私を迎えてくれたこと、
今思い出すと、自然と笑顔になります。
残念ながら、たった1回となってしまいましたが、、、フランちゃんに会えて本当によかった。
あの日、楽しかったね♪ありがとう!!

ブログ紹介してくれてありがとう!
悲しいけど、、、でも、それ以上に、とても温かい気持ちになりました。

| tomo | 2009/09/05 22:55 | URL | ≫ EDIT

tomoちゃんへ

コメントありがとう。そして読んでくれてうれしいです。

フランは今、写真立ての中で笑っています。

フランが旅立って1ヶ月が過ぎたけど、悲しみは未だ癒えることなく、
寂しさが積もっていきます。

フランが生きている頃、旅立ったワンちゃんを偲ぶブログや
闘病生活を綴ったブログを時々読んで、悲しくなると同時に
フランを失う恐怖みたいなものを感じて、読み通すことがで
きませんでした。

フランへのお土産を携えて家に来てくれたのは、確か今年の1月
だったよね。
あの時はすごくフランが喜んで飛びついて・・・。帰る時にフラン
が淋しそうに見送っていたのを覚えています。

フランとの楽しかった思い出を笑顔で話せる日がいつかくる・・・
そう信じて今は悲しみを受け入れています。

またゴウ君に会わせてね。

| FRANC | 2009/09/06 22:25 | URL |

大丈夫!

そうですか、、、フランちゃんが旅立ってもう一ヶ月が過ぎましたか。。。

どんな言葉を差し上げてもFRANCさんの心が癒えることはないのだろう

と、自分の6年半前を思い出してみればよく解ります。

でもね、大丈夫なんです。  

だって、私の彼は今はずっと傍にいますもん。

私と並んで歩いているし、車に乗れば助手席に座っているし(ちょっと

デカすぎて助手席には乗れないかなぁ。。。アハハ ニューファンドランド

だからね、なんせデカかった!

そんなデカい彼が私に叱られると頭を垂れて「ごめんなさい。。。」

かわいいんですよ、ホントに!

今もね、ホラ、居ますよ、隣に。

食べている時も、読んでいる時も、書いている時も、寝ている時だって 

隣で寝そべったり私を見上げたりしています。



フランちゃんも、もうあちらの世界の登録を済ませて

FRANCさんの傍に来ているのではないですか?

これからは、ホントに、片時も離れずに、誰に遠慮もなく一緒に居られますよ。 

だから大丈夫なんです!

ホラ! 微笑みかけてあげてくださいね!  そこに居るでしょ?



| みよちゃん | 2009/09/13 22:48 | URL |

今日午後5時39分、ぴぃち9才7ヶ月、永眠しました。食べ物を口にしなくなり10日、水分のみで頑張ってくれました。最後、私の腕の中で少し苦しみながらではありましたが、静かに息を引きとりました。フランちゃん、仲良くしてあげて下さいね。

| ちゃこ | 2009/09/14 20:30 | URL |

みよちゃんさんへ

コメントありがとうございます。

9月20日に四十九日を迎えます。仏式でいえば四十九日で納骨をしな
くてはならないのですが、形式にとらわれず、自分なりの供養をしたい
と思っているので、しばらくは家で一緒にいようと思っています。

みよちゃんさんのワンちゃんはニューファンドランドだったのですね。
ニューファンドランドはすごく大きくて穏やかそうなワンちゃんですよね。
一度ドッグランで見たことがあります。

そうですね。今もフランは私の心にそっと寄り添ってくれている。
愛する者を失う哀しみを受け入れ、乗り越えることで人は成長
するのだということを教えてくれている。

目を閉じれば、いつでも会える。

これからもフランと共に生きていこうと思っています。

| FRANC | 2009/09/14 22:07 | URL |

ちゃこさんへ

ぴぃちちゃん、よく頑張ったね。
10日間、お水だけで頑張って最期まで諦めなかったね。
偉かったね。
最期はお母さんの腕の中で眠ることができて
とっても幸せだったね。お母さんの子で良かったね。

フランがボールとおやつを持っていったから、虹の橋でフランに
会ったら、おやつをもらって、ボールで遊んでね。

・・・ちゃこさんは今、深い哀しみの淵にいらっしゃると思います。
愛する者を失うということが、どれほど辛く悲しいことか。
今は哀しみと真っ直ぐに向き合わねばならず、とても辛いと
思います。

けれど、止まない雨はない。冷たく降り続く土砂降りの雨も、
いつか止むときがくる。

悲しみが癒え始めたとき、ちゃこさんの心にぴぃちちゃんが寄り
添ってくれていることを感じることができる日がくると思います。
フランが私にそうしてくれているように・・・。

ぴぃちちゃん、フランをよろしくね。

| FRANC | 2009/09/14 23:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://travelwithdog.blog39.fc2.com/tb.php/71-02923a76

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。