PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7日間の奇跡

日曜日(6/14)、大量の吐血と嘔吐をしました。

1週間ぶりでした。

前日からの足のむくみで日曜日の午前中に先生に往診にきてもらい、
傷口からの感染を防ぐため、抗生物質の注射を打ってもらいました。

昼過ぎまではパンやシュークリームを食べたりしてそれなりに過ごし
ていたのですが、夕方から朝方までに数回吐血と嘔吐がありました。
夜中に、部屋の中をウロウロとして、眠れないようでした。
食欲もなくなってしまい、ぐったりとしています。

フランが大好きなベビーシュークリームが冷蔵庫に
ひっそりと残ったままです。


1週間の奇跡でした。

嘔吐がなくなり、笑顔が戻り、たくさん食べて、体重が増え、ウンチも
タール便から茶色の便に変わって・・・。

もしかして奇跡が起きるのではないか。
ガンがきれいさっぱりなくなって、2ヶ月前のフランが戻ってくる
のではないかと、欲ばった期待を抱いていました。

パッチや点滴の効果だと頭ではわかっていても、心は奇跡を信じず
にはいられなかった。

人間は欲張りです。

フランはその日、その瞬間の幸せに満足しているのに、私はずっとその
先の未来のことまで期待して、願いが叶わないとわかると落胆し、哀しんでいる。

今日、この日、フランが生きていてくれることだけでも十分幸せなことなのに。

奇跡を信じた結果、フランの足と首はカテーテルの穴だらけになりました。

フランの負担になるカテーテルは、そろそろ終わりにした方がよいのかなと
感じました。
RIMG0480.jpg

| 病気 | 09:38 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お母さんさんだから…

FRANCさんは、フランちゃんの大好きなお母さん。その一言につきると思うんです。これからどーしてあげたらいいか…自信を持ってその時、その瞬間を大切に ちゃこの元気フランちゃんに全部送るね。 フラン頑張れ

| ちゃこ | 2009/06/15 11:22 | URL |

フラン君

お母さんがすぐ側にいるからね。安心していいんだからね。 
FRANCさん落ち着いてフラン君の側にいて言葉をかけてあげて下さい。 
自信持って気をしっかり持って、フラン君を支えてあげて下さいね。 
何も出来ませんが、フラン君にエールを送る事は出来ます。お祈りしています。

| AKKO | 2009/06/15 11:46 | URL |

ちゃこさんへ

ちゃこさんの元気まで送っていただいて、フランは幸せものです。

そのかいあって、さっき、ためしにパンを少し口元に持っていったら、
寝ながらですが、パクッと食べました!
良かった・・・

お母さん・・・そうですね。フランにとって、ただ一人の
お母さんです。頼れるお母さんにならなきゃねv-91

| FRANC | 2009/06/15 13:10 | URL |

AKKOさんへ

いつもいつもエールを送ってくださってありがとうございます。
本当に心の支えになっています。

フランにもきっと届いているのだと思います。

そのおかげで、さきほど、「パン食べる?」と声をかけたら、振り向いたので
少しだけあげたら、食べてくれました!

ベビーシュークリームを口に持っていったらそっぽを向いたので、たぶん、
自分が吐いたのはシュークリームのせいだと思っているようです。


そばで声をかけながら、フランが穏やかに過ごせるようにしたいと思います。

| FRANC | 2009/06/15 13:21 | URL |

おだやかな一週間は
フランちゃんにとっても、パパママにとっても
大切な時間になりましたね。。。

気持ちよくわかります。
一方ではわかっていても、
気持ちの一方で、もっと、もっと、と求めてしまう。
ほんと、人間は欲張りです。

わたしも、くじらと過ごした時間のなかで
鬩ぎあう二つの思いが、そういう自分が恨めしかった。
でも、そういうことも全部
くじらは理解していたみたいです。

| ハルカ | 2009/06/15 13:59 | URL |

FRANCさんの お気持ち、痛いほどによくわかります。
いい瞬間と 不安な瞬間とかが交互にやってきて・・・
何もしてあげれない自分が 悲しくて・・・

私も シェリルと 過ごした時間の間に
何度も 経験してきました。
でも、今振り返ってみて ・・・
シェリルと 頑張った闘病生活は
とても、楽しいものでした。
「シェリルのそばに入れる!」ただ、それだけで幸せでした。

これから、もっともっと大変な事があるかもしれませんが
自分を 信じて!

| シェリルまま | 2009/06/15 14:37 | URL |

ハルカさんへ

本当に大切な大切な時間です。

人間は都合よく考えるようにできているのでしょうね。
不幸だと思うときは、身近な小さな幸せに感謝できるのに、
調子が良くなると、感謝の気持ちを忘れて欲張りになる。

くじらちゃんは、人間のように取捨選択することなく、喜びも
悲しみもすべて受け入れて、くじらちゃんらしく生きたので
しょうね。

フランもきっとそうだと思います。現状に抗うことなく、ただ
無常を受け入れる。

ワンコに教えられることがいっぱいあります。ワンコは
私よりも私のことを理解してくれているような気がします。

| FRANC | 2009/06/15 16:31 | URL |

シェリルままさんへ

そうですね。
苦しみから解放してあげたいけれど、それもできない自分
がすごく辛くて・・・。

シェリルちゃんの闘病生活を思い起こして、嬉しいことも、
苦しいことも全部とても楽しかったと思えるというのはとても
素晴らしいことだと思います。

そばにいられるだけで、その日生きていてくれるだけで幸せ
ですね。

フランを看病していて感じることは、今までこんなにもゆっくり
と穏やかに時を感じることはありませんでした。
それまではいつも忙しく動き回って、フランと接する時間を
削ってしまっていました。

フランの看病をして1日が終わると、穏やかな気持ちになれ
ます。
シェリルままさんと一緒で、、きっとそばにいられることが、
幸せに感じられるからなんだと思います。

自分を信じて、がんばります。

| FRANC | 2009/06/15 16:45 | URL |

フランちゃんのために

フランちゃんは、自分の今と苦しい戦いをしているんでしょうね。
そしてぎりぎりまで我慢して、FURANCさんが喜び、安心する顔を見たくて頑張っているのですね。

人間は欲張りで、勝手な生き物で、現実を受け入れがたく神様を恨みますが、
フランちゃんの望みは、苦しい時はただただそばにいて、
やさしくFRANCさんの手でナデナデしてほしいのだと思います。

その1瞬を大切に、何も考えずに、フランちゃんだけをみてナデナデしてあげて下さい。

| マッチータ | 2009/06/16 01:26 | URL |

マッチータさんへ

そうですね。フランは必死に我慢しているのだと思います。

痛みを取り除いて欲しいとか、苦しいのを何とかして欲しいと
思っているのではなく、ただ傍にいて欲しい。
それだけなんですよね。

人間は、もっと何かしてやれることはないかと、現状に
満足せずに、欲張ってしまいます。

フランの望みは、本当にささやかなものなのに。

余計なことを考えず、フランの望むことだけを考え、
傍にいてあげようと思います。

| FRANC | 2009/06/16 03:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://travelwithdog.blog39.fc2.com/tb.php/41-2d0cde8b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。