PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ガン封じ祈願

今日は、少し元気があったので、点滴をお昼に中断して、ドライブに
連れて行きました。

海を見に行こうと車を走らせると「ガン封じ寺」の看板が目に付きました。

そうだった。近くにガン封じ寺があったっけ。

市内に有名なガン封じ寺があったことをすっかり忘れていました。
目的地変更でガン封じ寺に向かいました。

フランと一緒に行きたかったのですが、駐車場から歩かなくてはならな
いことと、境内にペットを連れて行っていいかわからなかったので、
フランは車でお留守番してもらって、一人で行ってきました。

参道です。ガン封じ祈願の絵馬が並んでいます
RIMG0496.jpg


本堂です。弘法大師の像があります。真言宗醍醐派で、
平安時代に建立とのことです。

RIMG0492.jpg


ガン封じ堂。ここにも絵馬がかけられています。
RIMG0494.jpg


フランの絵馬を書いてきました。この絵馬は表裏あり、
人の絵にガンを患っている部位を丸で囲みます。その
絵馬を本堂の受付に持っていくと祈祷して境内に掛けて
くれます。

RIMG0495.jpg

境内には他に「身代わり不動」や大きなクスの木があります。

ガン封じ堂でフランのガンが治るようにとお参りをした瞬間、風がヒューッと吹き
抜け、クスの木がザワザワと揺れ、お堂に掛かっている絵馬が一斉にカラカラと
音をたてました。

一瞬、何かが横を通り過ぎたような、そんな感覚になりました。

祈願を終えて、海へと車を走らせました。

海の見える公園に到着して、ゆっくりしようと思ったそのとき、事件が
発生しました。白い中型の首輪をしていない犬が公園に入ってきたのです。
(次回に続きます)

| 生活 | 17:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://travelwithdog.blog39.fc2.com/tb.php/37-33403c12

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。