PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

またやってしまいました

足のカテーテルをまた抜いてしまいました。

今回は全面的に自分の責任です。

足のカテーテル挿入部を毎日消毒しなくてはならず、
包帯を外していたら、誤ってカテーテルを固定している
テープまで外してしまい、すっぽり抜けてしまいました。

びっくりして、すぐ病院に連れて行き、違う足に挿入する
ことになりましたが、フランの足はカテーテルのし過ぎで
血管がつぶれているところがあることと、血管がわかり
にくいため、何回も失敗してしまい、ようやく挿入できました。

ごめんね。チックン痛かったよね・・・。

2回目なので、これからは包帯とカテーテルとチューブのジョイント交換
は病院ですることにしました。
フランが元気を取り戻したと先生に報告すると、たぶん、
パッチが効いているのだろうということでした。

・・・一瞬、胸が締め付けられました。

パッチはデュロテップパッチといって、いわゆる麻薬の
一種です。癌の疼痛がひどい時に使用するもので、
鎮痛と向精神の作用があります。

でも・・・。

それでも、いい。フランの苦しみや痛みが取り除けるのなら。
プリンやシュークリームが食べられるのなら。
みんなで笑って過ごせるのなら。

苦しむのが自然なのかもしれないけれど、抗うわけではないけど、
緩和できるのなら、した方がいい。

今の幸せを素直に喜びたい。

明日も楽しく生きようね。フラン。
135.jpg


| 病気 | 02:26 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

素人

失敗しちゃったのは仕方ないですよ。プロじゃないんだから 
ただフラン君にはちょっと痛かったね。 
パッチはメグも亡くなる直前に先生から話がありましたが、病院に連れては行ける状態ではなかったのですが…後悔してます。貼ってあげれば少しは和らいだのかも知れない…と思うと大変辛いです。 
でもフラン君はFRANCさんがちゃんと見極めてくれて最高に幸せですよ。 
いくらかでも痛みが緩和されて家族と穏やかに過ごせますように心よりお祈りしています。 
FRANCさんフラン君を一杯なでなでしてね(^-^)

| AKKO | 2009/06/10 07:11 | URL |

そうよね。。。

くじらの先生も言っていました。
最近は、痛みをできるだけ感じさせないようにしましょう
っていう、考え方や技術が進んでいるから
わんこも、痛みに苦しまないようにさせてあげられるよ。

わんこは、ほんとに痛みに強くて、どんな状態にも耐えようとするから
そういうお薬があって、フランちゃん
どんなに救われているでしょう。。。

そのことで、ママやパパと、フランちゃんの時間が
穏やかになるのなら、それは喜ばしいことですよね。

| ハルカ | 2009/06/10 12:55 | URL |

大変でしたね。
FRANCさんの事ですから、ご自分を せめてらしゃるのでは
ないかと・・・心配しております。
頑張って!FRANCさん

昨日のシュークリームの件には 笑ちゃいました^^

シェリルが 末期の食欲がおちた時でも
「ヤギミルク」は 飲んでくれたんです。
余計なお世話かも知れませんが1度試してみてはいかがでしょうか?
送り先が わかれば、フラン君にプレゼントしたいのですが・・・

| シェリルまま | 2009/06/10 16:59 | URL |

AKKOさんへ

ほんと、反省してます。フランに余計な負担をかけてしまったので・・・。

モルヒネは知っていたけど、パッチは全然知らなくて、たまたま緊急で
往診してもらった時に、先生が持ってきて貼ってくれました。
症状を電話で説明したから、痛みが強いとわかったんだと思います。

後悔なんて・・・。痛みが強すぎると、パッチだけでは緩和できないそう
なので、もしかしたら、貼っても効かなかったかもしれない可能性もあ
ったと思います。

大丈夫ですよ。メグちゃんは安らかに眠ったのだと思います。

今思うと、ガタガタと震えたのは、かなりの痛くて震えたのだと思います。
癌はどうしても疼痛があり、苦しみます。
・・・代わってあげられるものなら代わってあげたい。

緩和ケアの段階に入ってきたのかなというのが実感ですが、
最後まで諦めずにがんばりたいです。





| FRANC | 2009/06/10 21:22 | URL |

ハルカさんへ

動物医療にも緩和ケアが導入された現代に
フランは生まれて、本当に良かったと思います。

今の先生は緩和ケアに対して積極的で、
状況に応じて取り入れてくれるので、助かります。

ワンちゃんは人間の10倍痛みに強いっていいますよね。
耐えてしまうから、逆に心配になって「どこが痛い?」って聞いて
しまいます。

麻薬というとなんとなく怖いイメージがありますが、フランにとって
は苦しみから解放してくれる魔法のシールです。

フランが穏やかに過ごせるよう、頼れるものは頼りながら、支えて
いきたいと思います。

| FRANC | 2009/06/10 21:50 | URL |

シェリルままさんへ

励ましのお言葉、本当にありがとうございます。
どうしても自分を責める癖が治らなくて・・・良くないですよね。

でも大丈夫です。何とか持ち堪えました。

「ヤギミルク」、教えていただき、ありがとうございます。
プレゼントだなんて・・・お気持ちだけありがたく頂戴します。
お心遣いに本当に感謝しています。
早速購入してみます。

医療に頼るところは頼って、とにかく苦しみを取り除いて、
メンタル面は自分がケアして生活の質を向上できればと
思います。

がんばります。



| FRANC | 2009/06/10 22:07 | URL |

パッチ

初めて知りました。亡くなったベルが末期の頃、
まだパッチはなかったのかもしれません。

FRANCさんのお考えに賛成です。
苦しみを少しでも和らげてあげて、一日一日を楽しく生きて欲しいと強く思います。

| snowcrystal. | 2009/06/11 01:29 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://travelwithdog.blog39.fc2.com/tb.php/32-c59776cb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。