2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フランの足復活!

ようやくフランの足が復活しました!

病院で薬をもらおうかと悩んでいましたが、すでに今大量の薬を
飲んでいるので、これ以上薬を飲むのもフランが辛いかなという
ことと、この2日とても調子が悪くて、食事も摂れず、吐血もしてい
たので、経口薬は飲めそうになかったので、諦めました。

マッサージをして4日目に、ほぼ支障なく歩けるようになりました。
寝ている体勢から体を起こす時は少し大変そうですが、びっこも
引かずに歩けるようになりました。

体調の方は、血を吐いたら、気持ち悪さが少しなくなったみたいで
一昨日よりは表情に明るさが戻りました。
食事も、少しだけお肉を食べました。お水をあまり飲まないのが心配
ですが、無理強いはせずに、見守ろうと思います。

少し気になるのが、デュロテップパッチを貼っているのにもかかわらず
あまり気分がすぐれないという点です。
もしかして、効かなくなってきているのでは?と心配しています。
以前は貼ると、すごく気分がよくなるらしく、嘔吐もなかったのですが、
今は貼っていてもぐったりとしています。

病状が進むにつれ、痛みは強さを増すので、パッチよりも強力な鎮痛薬
を投与することは可能ですが、あまりにも強い薬だと意識がなくなってしまう
そうです。

医療行為は点滴で強制的に栄養補給する方法から、パッチで痛みを取り除き、
好きなものを食べ、生活の質を向上させる方法にシフトしましたが、今後は
パッチが効かなくなったときのことを考えていかなくてはなりません。

今までの経過を考えると、痛みを取り除く方法の方がフランには合っていると思っています。
栄養の無いものしか食べないし、何も食べられない日もあるけれど、あの足や首に
穴が無数にあり、管に12時間以上もつながれているときのフランを思い出すと、とてもそれ
が最良の選択だとは思えない。

フランがフランでいられる方法を選択していきたいと思います。
8月9日で余命宣告から3ヶ月目に突入です。まずはその日を元気に迎えられるようがんばります。

RIMG0625.jpg

スポンサーサイト

| 病気 | 10:10 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。