| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タロー君の里親様決定!

コメント欄で保護主さんからご報告を受けていたものの、安心しきってしまい、
記事にしていませんでしたが・・・




タロー君の里親様決定!

safusu2.jpg
「えへへ。おかあたんができちった。」


おめでと~う!


短期間で幸せゲットできたタロー君。たくさんの人たちが頑張ってくれたおかげで
運命の家族に出会えました。

いっぱいいっぱい家族に甘えてもっともっと幸せになってね!
スポンサーサイト

| 未分類 | 22:39 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【転載お願いします】タロー君(旧サフス君)里親募集中!!

前回に引き続き、タロー君(旧サフス君)の里親募集記事です。

少しでも多くの方の目に触れることができれば・・・。

(詳しくは保護主さんのブログ:「ビルの放置わんちゃんを助けたい」

助け出されたワンちゃんは、幸せを願って改名し、タロー君となりました。

タロー君は12.5Kgの大きさで、くるみと同じなので、大型犬飼育経験者の
自分からすると、とてもコンパクトに感じます。柴犬より少し大きめかな。
ただ、保護時は痩せていたので、もう少し大きいとは思います。

10kg台なら女性でも十分抱っこできる(と思う。自分はフランが30kgの
時、抱っこしました・・・)

タロー君、色白でなかなかの男前です。年齢が8~10歳位だそうですが、
若く見えますね~。

TARO1.jpg
サラダバーだぁ~ムシャムシャ


TARO2.jpg
余は満足じゃぁ~

ウチのくるみにそっくり(笑)

お散歩大好きで、とっても穏やかで性格の良いタロー君の里親様大募集中です!





| 未分類 | 10:57 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【転載お願いします】サフス君の里親募集

静岡県掛川市のビルで10日以上ご飯を与えられず放置されたワンちゃんがいました。
飼い主が亡くなり、親族に放置され、10日以上も雨水だけで生き延びていました。


放置に気づいた方が勇気を出してSOSを発信し、善意のリレーで命をつないだ
サフス君です。



詳細はこちら(保護主さんがブログを立ち上げました)
  ↓
「ビルの放置わんちゃんを助けたい」

とっても穏やかな顔をしたサフス君
safusu1.jpg


とっても喜んでる~
safus2.jpg


保護主さんはサフス君の幸せを願って頑張っています。

どうかご協力をお願いいたします!

| 未分類 | 21:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

がんについての本

旅行の後、フランの調子があまりよくないため、更新が怠りがちに
なってしまっています。

少し様子をみるということで、フェンタニル(デュロテップ)パッチを一時中止
しているせいかもしれません。やはり鎮痛剤だけではつらいようなので、
明日、病院で再度パッチを貼ってもらおうと思います。

フランにがんがみつかってから、がんや薬についての本を読むように
なりました。

本を読みすぎると、先生の言うことを疑ってしまったり、不安になってし
まったりして、余計に混乱してしまうかもしれないので、参考程度にと
どめています。

いろいろと読みましたが、自分なりに参考になった本を紹介します。

petgan.jpg
「ペットががんになった時-診断・治療から看取りまで-」
鷲巣 月美/編著
(三省堂 2005.9)

・・・フランのがんがみつかって最初に読んだ本です。病気に関する本だと情報が
少なすぎて物足りないけれど、専門書だとわかりにくいという時や、先生のお話
を理解するために参考になる本だと思います。治療法から家族の心構えまで丁寧
に解説しています。

kusuri2.jpg

「もっともくわしい動物の薬の本―錠剤・液剤・滴下剤から注射剤まで」
矢沢サイエンスオフィス編
(学研 2009.1)

用語索引から薬を調べることができます。
薬の効果や副作用、どの病気で処方されるかなど、詳しく書かれて
いて、とても参考になりました。ワンちゃんだけじゃなく、鳥や小動物、
エキゾチックアニマルなどの病気と薬についての情報も収録されています。

inunobyouki.jpg
「もっともくわしいイヌの病気百科-イヌの病気・ケガの知識と治療- 」
矢沢サイエンスオフィス/編
(学研 2007.3)
ひとつひとつの病気について、わかりやすく書いてあります。
病気の種類が多く載っています。

こちらは人のがんについての本ですが、とても参考になりました。
gannousotosinjitu.jpg
「がんのウソと真実-医者が言いたくて、言えなかったこと-」
小野寺時夫/著
(中央公論新社 2007.4)

外科医だった著者がホスピス運営に携わったことで感じたことや、現役時代には気づかなかった
ことなどが書かれています。また、代替医療や抗がん剤治療、免疫療法などについてもわかりや
すく書かれています。この本を読んで、フランを旅行に連れて行ってもいいんだと思えたきっかけ
にもなりました。

がんとわかってから、様々な情報を調べてきましたが、最終的に辿り着いたのは、運命のもと
で最善を尽くし、フランらしく、そして楽しく生きられるようにすること。
そして、最期まで諦めずに傍にいること。

今までは、頭ではわかっていても、心が受け付けず、気がつくと、奇跡が起きないか、病気が
治る方法はないかと不安と苛立ちが募っていました。
けれど、旅行に行ってフランのいきいきとした表情を見てから、フランが楽しいと感じることをす
れば、それでいいんだと心から思えるようになりました。

フランの体力が続く限り、楽しみをつくっていってあげたいと思います。

| 未分類 | 00:24 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パパの床屋さん

私が見てない間に、主人がフランの毛をカットしました。
おしりのあたりにご注目。
RIMG0552.jpg

拡大です。
RIMG0554.jpg

・・・もう少し、切り方があったと思うのですが。

ちょうど2ヶ月前、シャンプーをしようと思ったその日にフランが嘔吐して
中止しました。
そのまま病院に行って、内視鏡の検査を受けてガンがわかったので、
それ以来、シャンプーをすることができずにいます。
元々シャンプーが大嫌いなので、あまり負担をかけたくないのもあり、
シャンプーを含ませたタオルで体を拭くだけにとどめています。

調子が悪いとき、ブラッシングも嫌がってできなかったり、入院してい
たのもあり、毛玉がいっぱいできてしまっていました。
ウンチもゆるいので、どうしても毛についてしまうというのも
あるのですが・・・。

お熱は計りやすくなったけど、でも、ちょっと、酷くない?


なんで~?ボクけっこう気に入ってるよ!
おしりの毛玉もとれたしさ!

RIMG0557.jpg

おしりだから見えてないでしょ~。

・・・少しずつ、修正したいと思います。

| 未分類 | 00:25 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。